石
花崗岩っぽい石モデル(pmx)


聖リリースしてもう20日ですね、色々してた気がするけどどれもあまり進んでいません
聖は萃香と違う環境でモデル製作したのですが、そちらの方がわたしには向いてたようで
萃香も取り合えずそちらへ引っ越しましたが、まだ荷開きが終わってないような状態です

もともとわたしは動画を作りたくてモデルを作り始めているので
これからは動画用の小物や動画自体の作り方に比重を置くと思います
萃香もその動画に出す予定で、4月の更新以来モデリング的な改善はしてないですが
それまでに今より良くする予定です

石ころも(といっても上のは30cmと想定しています)大切なのでちゃんと作っています
これで3000頂点ぐらい
これを100個も並べると30万頂点行ってしまうのでリトポなりはすると思います
上の石ころは二個とも実は同じものですが向きを変えてあります
こういうのは言われないとわからないですよね
クローンの描画が出来ると編集時に重くならないので楽ですが
そうでない場合そのままはちょっと厳しいような気がします

石
こちらはMMD出力ではないですが上と同じものです(ポリゴンとテクスチャは一緒です)
マテリアルやライトの設定が違うので同じに見えないかもしれないですね

MMDは配布モデル、モーションやエフェクトの多さが最大の強みだと思います
それとエフェクトを使わなければ視点方向からの単純なレンダリングになるので
ミドルスペックどころかロースペックでも動いてしまうのが良いところですね
あとは直感的な操作系ですね、わかりやすく作られているのでそういう引っ掛かりがないです

始めはわたしもMMDあるいはMMMで動画を作ろうと思っていたのですが
聖で使い始めた統合ソフトが案外使いやすくて出来ることも多いので
どうしようかな~、って所ですね
基本的にモデルは全部自分で作りたいのでアドバンテージが少ないんです
作るとしたらストーリー仕立てなのでモーションも自作になりそうです

単純な扱いやすさでは間違いなくMMD/MMMですが、こちらで出来ることは
統合ソフトの方でも一通り出来るというのが悩ましいです
こちらは今のメインPCで画質を妥協しても1フレーム2分以上かかりますが
ガラスの屈折やミラー反射(球体とかでも)も出来たりするので楽しいです
分散レンダリングをすれば複数PCで処理を分けることが出来るみたいなので
それでどれぐらい時間を減らせるのかな~、って感じですね
MMDもMMEを多く入れれば3分の動画出力するにも半日以上かかりますからね

取り合えずどちらで動画作るにも使えるのでしばらくは小物をせっせと作ってるとオモイマス
鬼門はどう考えても木材ですが・・・

と、モデルの更新どころか音沙汰もなくだと
モデルの不具合報告も止まってしまったりしそうなので書いておくことにしました
こちらは少なくとも月一で書くと思いますがモデルの更新・配布以外で
ニコの方にアップすることはないと思います、気が変わるかもしれないけどね